垂れた胸を治すポイントが分かった!美乳への挑戦!

垂れ乳よさようなら!ハリのある美乳を手に入れる3つの方法

バスト

 薄着になる季節、やはりボディライン、女性なら胸の悩みは尽きませんね。
 湘南美容外科クリニックによる全国の20代〜40代の女性300名を対象に行った「美乳」に対するアンケート結果を発表。その結果によると、胸の悩みがあると答えた女性が6割を超えているそうです。日本人女性で自分のバストに自信を持っている人のほうが少なく、みんな何かしらの悩みを持っているといえますね。
 そして悩みの具体的な内容は、小さい…61%、垂れている…36%、離れている…30%という結果が出ています。

 

 そこで今回のテーマは「垂れ乳」

 

 なんだか最近、胸が垂れてきたような…。えっ、なんだか胸がしぼんできたかも…。
 そんな方は必見です。日常の中で何気なくしていることがもしかしたら垂れたバストを作っているかもしれません。順番に見ていきましょう。

 

胸が垂れる原因は大きく分けて3つ

@ 下着
A 筋力低下
B 生活要因

まずは自分がどのタイプかチェックしていきましょう。

 

タイプ@下着に問題がある

 美乳のため良かれと思ってつけているその下着が実は、垂れ乳の原因になっていることも。きつめのブラをつけると、胸が圧迫され、老廃物がたまり、バストがしぼんだり垂れてきます。逆にぶかぶかだと、胸の脂肪が流れ、形が崩れ、離れたり垂れたりする原因になります。
 サイズを測らず下着を購入していたり、下着が苦しいまたは緩いけれど、まぁいっか、と流してしまっている方は要チェックです。そして装着方法やタイミングも間違えている女性が多いようです。

 

タイプA筋力が低下している

 加齢などにより胸周りの筋肉が衰え、ハリがなくなり、垂れ乳になるパターン。胸の大部分は脂肪ですが、大胸筋や、クーパーじん帯と呼ばれる部分がそれを支えており、そこが伸びたり衰えたりすると、だらりとした垂れ乳になってしまいます。

クーパー靭帯

http://accord-tachikawa.com/blog/2014/08/post-170.php

 

 胸というのは実は一番に老化が始まる場所と言われています。実年齢よりもプラス2〜3歳早く老けるといわれています。知らず知らずのうちに老化が始まり、胸筋が衰え始めている可能性があります。

 

タイプB生活習慣の乱れ

 生活が不規則な方や、寝不足が続いていたり、無理なダイエットや偏った食生活を続けていたりすると、ホルモンのバランスが崩れます。美しく、張りのあるバストラインを形成するうえで、ホルモンが正常に分泌されることは欠かせません。また妊娠や出産などにより、ホルモンバランスが乱れたり、授乳によって大きくなった乳腺がしぼんだ時なども、バストラインが崩れる原因になります。生理不順や月経前症候群(PMS)でお悩みの方はこのタイプが当てはまるかもしれません。

 

 さて、ご自身はどのタイプでしたか?
 原因によって対策も変わってきます。もちろん全部当てはまる方は全部見直していかなければいけません。

 

タイプ@の方は…「下着を見直す」

 下着メーカーワコールによる調査では、ブラジャーを着用していた女性のうち90.6%が自分の体に合っていない下着をつけていたことがわかっています。意外と自分に合った下着を選べている女性は少ないといえます。さらにつけ方を間違っている人は85.6%もいるという結果に。もしかしてあなたも自分にあっていない下着をつけている可能性が高いですね。
 ブラジャーは、メーカーによってデザインや機能が違うので、同じサイズでも微妙につけた感じが変わってきます。

 

・お店に足を運ぶ
 一番いいのはお店の人に選んでもらうこと。それが恥ずかしければ、せめて試着はするようにしましょう。恥ずかしいからという理由でサイズだけ見て買ってしまうことが、合わない下着を選んでしまう原因のようです。下着は通販で済ませてしまっている方も、一度オシャレな下着屋さんに足を運んでみましょう。かわいい下着に出会えるとテンションが上がりますよ。

 

・正しいつけ方で装着
 そして自分に合った下着を見つけたら正しくつけましょう。垂れ乳だけでなく、バストアップ、美乳を目指すうえで欠かせないポイントになります。
@ ストラップ部分に肩をかけ前かがみになる。ブラの下側を持ち、バストをカップの中へ。そのままの姿勢で後ろのホックを止める。
A 前かがみのまま、左手で左のカップのストラップの付け根を浮かせ、中央に寄せながら、右肩方向へ引き上げる。反対も同様に。寄せて、あげるイメージで。
B 体を起こし、ストラップの長さを調整する。目安は人差し指がすっと通るくらい。
以下の図も参考にしてみてください。

 

ブラジャーの付け方

出典http://www.wacoal.jp/top/sagasu/knowledge/index03.html

 

・ノーブラの時間を少なくする
 ブラジャーというのは胸の形を作るうえで重要ポイントともいえます。ですが、寝ている間など、ノーブラでいる時間が長いと、胸の脂肪があっちこっちに流れてしまい、形が崩れたり垂れたりの原因になります。
 締め付けタイプだと血流が悪くなり安眠を妨げることもあるので、夜間用のブラやスポーツブラなどがおすすめです。

 

・運動中も着用する
 そして運動中も装着することが大切です。近所をジョギング、なんて時もせめてカップ入りの下着またはスポーツブラをつけましょう。運動すると胸が上下左右に揺れ、型崩れの原因になります。マラソンなども垂れ乳の原因になるようです。運動時も意識してきちんと下着をつけて運動しましょう。

 

タイプAの方は…「筋力を鍛える」

 そして原因の二つ目、筋力の低下です。胸は9割が脂肪、のこりの1割が筋肉です。この9割を支えているベースとなる筋肉が、胸の形を決めているといっても過言ではありません。主に大胸筋を鍛えるトレーニングを行うことで垂れた乳房を持ち上げる効果が期待できます。

 

・姿勢をよくする
 垂れ乳でお悩みの方でよくありがちなのが、姿勢が猫背になっている人。その曲がった背筋に合わせるように胸の形も垂れさがってしまっているパターンです。

 

正しい姿勢

出典http://www.katacori.com/preventive/posture.htm

 

 姿勢を正すだけで、ほら、メリハリのあるボディラインに見えませんか?
 姿勢を正すと、背筋、腹筋、胸筋すべてを使う一種の筋力トレーニング。年とともに気になるポッコリおなか解消にも効くので、これを機に一度正しい姿勢で生活することを意識してみましょう。

 

・エクササイズによる筋力アップ
 そして、ピンポイントで胸筋を鍛えるトレーニングも取り入れていきましょう。トレーニングをしたからといってムキムキになることはなく、理想的なふっくらとしたバストラインが目指せます。
 最も効果があるといわれているのが腕立て伏せ。胸周辺の筋力がバランスよく鍛えられ、女性なら気になる二の腕引き締め効果も抜群です。
 他にもねじる動作や、ダンベルなどを使って負荷をかけて鍛える方法も。

 

バストエクササイズ

出典http://houkyoux.blogspot.jp/2013/08/blog-post_8230.html

 

 トレーニングを行う際は、食生活の見直しも大切です。せっかく鍛えても、その筋肉を作るたんぱく質やビタミン、エネルギーが足りていなければ、筋肉は壊れ、よけい胸が小さくなってしまいます。無理なダイエットや食事制限も垂れ乳や貧乳の原因になっていることも多いのです。

 

・マッサージでハリとつやを
 マッサージも、血流をよくし、代謝を高め、胸全体に栄養や水分をいきわたらせ、ハリとつやのあるバストを作るのに役立ちます。こうして血行をよく代謝を上げることで、胸の筋肉も鍛えられ、さらに美肌効果やダイエット効果まで期待できちゃうんです。

 

 やり方の見本を載せておくので、参考にしながら、力みすぎずリラックスして行ってください。おすすめは血行が促進される入浴中やお風呂上り。ボディケアの一環として行えばリラックス効果もあり、女子力もアップしますよ。

 

バストマッサージ

出典http://plaza.rakuten.co.jp/bustup/2010/

 

タイプBの方は…「生活習慣の改善」

 そして生活習慣というのも美しいバストを作るうえで欠かせません。バストラインというのは、ホルモンによっても左右されます。ホルモンバランスが乱れると、胸がしぼんでしまったり、乳腺の発達が悪くなり、胸が小さくしわしわになったりします。また年々体内のコラーゲンやビタミン、酵素などは減少していきます。なので意識した食生活と生活習慣を身に着けることが欠かせません。

 

・食生活を見直す
 ではバストアップしたい、きれいな胸になりたい方にお勧めの食品をご紹介しましょう。

 

@豆乳(大豆製品)
 いわずと知れたバストアップ食品の代表。大豆イソフラボンは、女性ホルモンエストロゲンとよく似た働きをし、ホルモンバランスを整え、美しいバストを形成するうえで欠かせません。グラビアアイドルやレースクイーンの方も、豆乳愛飲家は多いようですよ。大豆製品ならイソフラボンをとることは可能ですが、最も効率がいいのが豆乳。少しの量でたくさん摂取できるんです。

 

AビタミンA
 ビタミンAには肌を強くし、バストにハリと弾力を与え、垂れやたるみを防いでくれます。
 ビタミンAは緑黄色野菜やニンジンかぼちゃ、ホウレンソウ、トマト、レバーなどに多く含まれています。

 

・規則正しい生活を心がける
 そして睡眠不足が続いていたり、無理なダイエットを行うとホルモンが正しく分泌されず、胸がしぼんだりはりがなくなる原因にもなります。そしてこれらは同時に肌荒れや生理不順も引き起こすので美容の大敵です。美しい胸は美しい身体から。毎日の生活を健やかに送ることも大切なポイントです。

 

その他…「サプリメントを試してみる」

 この方法が一番自分に合っているという方が最近は多いようです。
 「結局続けられるのはこの方法だから」という理由のためです。

 

 市販のサプリメントもいろいろありますが、やはり効果的なのは限られてきます。
 多くのバストケアサプリメントの中で、当サイトが1つだけ厳選したものを紹介しましょう。

 

 このサプリはバストアップ対策になるのは言うまでもありませんが、購入者への配慮も素晴らしいです。
 初月は送料のみの価格で、さらにしっかりと返金保証がついてきますから安心です。雑誌などにも取りあげられているサプリです。

 

バストアップサプリの詳細はコチラ

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
垂れ胸や胸のしぼみでお悩みの方へ解決法をいくつかみてきましたが、ポイントは

・合った下着を身に着けること
・筋肉を鍛えること
・生活習慣を改善すること

の3つが重要といえます。その中で自分にできることから実行して理想のバストをgetして下さい。